Profile

代表 上村 猛(ウエムラタケシ)のプロフェール

1973年9月生まれ

1988年 熊本県中体連陸上競技400Mで優勝 (陸上競技熊本市主将として出場)

    熊本県通信陸上競技400Mで優勝(標準記録を突破し全国大会に出場)

1989年 私立九州学院高等学校入学

(高校時代は度重なる怪我や病気等で、陸上選手として実績を残すことができず)

1992年 私立九州学院高等学校を卒業

競輪選手を目指し3ヶ月間の練習で日本競輪学校に合格

1992年 日本競輪学校に入学 10ヶ月の訓練を受ける。

1993年 8月に競輪選手として熊本競輪場でデビュー。

2006年 選手生活14年目で念願のS級に昇級。

2013年 6月に愛知県豊橋競輪場おにて落車。

第2頚椎脱臼(ハングマン骨折)し生死の境目をさまようもPNFやリハビリを行い5ヶ月で退院。

2014年 4月に拔釘OP終了後に競輪選手の復帰を目指し本格的にPNF・トレーニングを開始する。

2015年 12月に選手への復帰する夢はかなわず、競輪選手を引退。

2016年 4月プライベートコンディショニング&トレーニングサロン

∞UP BODY(アップボディー)オープン

redcord Neurac1,2 修了

redcord Active Introduction 修了

PNF テクニック協会active修了


◯競輪選手時代の実績(22年6ヶ月)

1426レース中 A級優勝2回(山口県防府競輪場、熊本競輪場)

1着:173回 2着:172回 3着:149回

勝率:12.1% 2連対率:24.1% 3連対率:34.6%

参照:keirin.jp